TOP > 母の日 > ホシフルーツ ミックススプレーカーネーション「エマーブル」とスイーツのセット【18M-1-HF】

母の日限定、ミックススプレーカーネーション「エマーブル」とスイーツのセット
母の日限定、ミックススプレーカーネーション「エマーブル」とスイーツのセット
母の日限定、ミックススプレーカーネーション「エマーブル」とスイーツのセット

ホシフルーツ ミックススプレーカーネーション「エマーブル」とスイーツのセット【18M-1-HF】

送料無料NEW!!期間限定

商品番号 20054

当店特別価格4,320円(税込)

[ 送料込 ]

【販売期間:〜4月27日18時0分

セットスイーツ
お届け期間※着日指定はできません。
数量

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

母の日限定、2色カーネーションの花束「エマーブル」とホシフルーツ人気スイーツのセット!

カーネーションとスイーツの贅沢コラボレーション。
母の日の贈り物の定番「カーネーション」と、
ホシフルーツ人気の商品を組み合わせた贅沢なセット。

2種の花色が特別な一日に華やかさをプラス。
日頃伝えられない感謝の気持ちを花束に添えて贈りませんか?

※箱に詰合せてのご発送となります。
※生花になりますので、商品が届きましたら、お早めに開封をお願いいたします。
※ギフト包装、熨斗などの対応はしておりません。
掛け紙等を巻いた簡易包装にてお届けとなります。ご了承ください。

規格

● 商品内容:【ブラウニー】ネーブル・パイナップル×各2個、ドライフルーツ&ナッツ・ピスタチオ&アーモンド×各1個、【フレンチカップケーキ】チェリー&クランベリー・マロン・柚子&きんかん・青梅&赤梅×各1個、【エマーブル】赤×2、ピンク×3、ラッピング、リボン、お手入れのしおり付
● 18M-1-HF
● 賞味期限:【ブラウニー】常温30日【フレンチカップケーキ】常温30日
● アレルゲン:【ブラウニー】卵・乳・小麦【フレンチカップケーキ】卵・乳・小麦

   
母の日ギフトに添えて。母の日限定メッセージカードを無料でお付けいたします!
※こちらのカードはメッセージの内容変更・追加を承ることができかねますので、ご了承ください。
無料母の日カード


母の日関連商品:こちらもどうぞ
星のアイスタルト


母の日について

母の日っていつはじまったもの?どうして「母の日といえばカーネーション」?カーネーションの色で意味が変わるって本当?
身近なのに、意外と知らない「母の日について」をご紹介します。

Q. 母の日って?

お母さんへの感謝を表す日として、世界中に広まっています。
日付や起源は各国さまざまで、日本やアメリカでは毎年5月の第2日曜日とされています。


Q. 母の日っていつはじまったもの?

日本の母の日は、アメリカから広まったものです。
アンナ・ジャービスという女性が、偉大な母アン・ジャービスを偲んで1907年5月12日に白いカーネーションを贈ったことが起源とされています。
アメリカでは1914年に、5月の第2日曜日が「母の日」として連邦議会で制定されました。
日本では、終戦後の1947年ごろから、毎年5月の第2日曜日に母の日が行われるようになりました。


Q. どうして「母の日といえばカーネーション」?

母の日の起源となったアンナ・ジャービスが、教会で亡き母の追悼のために贈ったカーネーションが元になっています。
白いカーネーションは、お母さんのアン・ジャービスさんが好きな花だったと言われています。

また、近年では母の日に贈るものはカーネーションのみでなく、スイーツや雑貨などを添えたり、ケーキを買って届けたりと、様々な形に変化しています。


Q. カーネーションの色で意味が変わるって本当?

起源の女性が亡くなったお母さんへ贈ったカーネーションが白かったことから、「亡くなったお母さんへは白いカーネーション」「お母さんが健在であれば赤いカーネーション」として広まりました。
その後、母親がいない子供への配慮で「赤いカーネーション」となり、さらに様々な色のカーネーションが開発されて市場に出回ったことで、赤以外のカーネーションを贈る人も増えてきました。

色に関係なく、共通した花言葉は「女性の愛・感動・感覚・純粋な愛情」とされています。






フルーツのいい香りが漂う店内には、旬のフルーツがずらり。

その時いちばんのフルーツが集まる、スイーツ工房から。 

本当においしいフルーツを食べてもらいたい。
そんな思いから生まれたのが、フルーツギフト&カフェ「ホシフルーツ」です。


店内ではいつも、中国地方を中心に近隣の地域から取り揃えた旬の果物がずらり。市場に35年以上通い続けるフルーツの目利きが、季節ごとに旬のフルーツを厳選しています。甘い香りが漂うフルーツ売り場に併設されたスイーツ工房では、毎日、「食べ頃」のフルーツのおいしさをまるごと使ったスイーツを、その場でつくっています。 
「生のフルーツのおいしさ」を活かして素敵なスイーツをつくりあげるのは、ホテルのシェフパティシエ経験を持つ檀上氏。その時々で最もおいしいフルーツを宝石をちりばめたフルーツケーキ、とろける果肉と濃厚な味わいが魅力 のタルト、ふんわり&なめらかな高級純生クリームをたっぷり使った ケーキなどフルーツをごろごろトッピングした新作が続々登場。